大学に合格するための勉強法と受験の対策

大学に合格するための重要なことについて、特に国公立大学では全ての科目を受験して、全ての科目の総合の点数で合否を判断する場合が多いので、できるだけ不得意な科目を作らないことが大切です。私は私立大学を受験して合格をしたのですが、受験する前は教科は3科目でした。受験した3科目は得意な科目であって、難なく合格のラインに達したが、そのうちの一科目は不得意であったので、不得意の科目の教科のために塾の先生や学校の教科の担当の先生の指導を率先して受けたのです。

こちら



高校に入学した時から勉強を頑張って行ったが、なかなか不得意科目の成績が上がらないのです。

こちら

勉強法としては、不得意科目の中でもどのようなジャンルが不得意かを分析して、他の強化の勉強も交えながら不得意な教科のジャンルを先生などの個別の指導を踏まえて集中的に行う事です。高校に入った時から、受験する大学の受験に必須とする教科を調べて、必須の受験の教科だけを勉強します。

こちら

私立大学を受験する場合は受験する教科が少なめであるので、早めに受験する大学を決めて、受験の傾向と対策を練っていくのが最も効率的です。

また、大学受験に必要な知識を日々取り込んでいく努力をすることは重要ですが、受験する大学の過去問などを研究して、希望したい大学の受験のパターンを知ることも合格のきっかけです。

こちら

私は早めに3教科の得意科目を作って、できるだけ県外の難関の大学を受験する事も視野に入れていました。結果的には受験の必須の科目をしっかりと対策を行って合格しました。難関の受験を受ける指標として、塾や学校の主題で行われている模擬試験の結果が重要です。模擬試験の結果に一喜一憂する事をしないで、現在の成績で合格できそうな大学を探っていきます。


こちら-こちら


  次のページへ>>